【最新Webテスト解答集:TG-WEB】計数(従来型・新型)パターン④




※解答集のExcelはこの記事の最後にあります。DLして、適切にお使いください。

TG-WEBとは

SPIや玉手箱と並ぶWebテスト(適性検査)の一種です。ヒューマネージ社が作成しており、SPIや玉手箱よりも難易度がやや高いことが特徴です。また出題される問題形式に「従来型」と「新型」があり、独特で「難しい」「解き方が分からない」という意見も多くあります。

採用企業について

適性検査としてはSPIや玉手箱がよく使われていますが、TG-WEBは外資系のコンサルティング業界や金融業界、日系企業に置いても三菱UFJ銀行などといった大手企業で採用されています。

代表例:デロイトトーマツコンサルティング ローランド・ベルガー モルガン・スタンレー 資生堂 三菱UFJ銀行 など

「従来型」と「新型」について

問題形式に関しては「従来型」と「新型」の2パターンがあります。それぞれで難易度や出題される問題数に違いがあるため、受験する前にそれぞれの形式を把握しておきましょう。科目は「従来型」「新型」それぞれで、言語・計数・英語の3つが用意されています。問題形式は企業によって異なりますが、科目においては基本的に言語と計数が必須で課され、英語は採用されない場合が多いです。

TG-WEBで出題される問題の種類

従来型

・言語…… 12問/12分

・計数…… 9問/18分 ←今回の解答集に含まれています

新型

・言語…… 34問/7分

・計数…… 36問/8分 ←今回の解答集に含まれています

このコンテンツは、プレミアム会員限定です。就活生と社会人を対象としたプレミアム会員では、サークルや飲み会の記事、受験記事、就活記事、Webテストの解答などを全て読むことができます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について




この記事をシェアしよう!

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    「つーつーおーる!」創刊編集長 2013年に早稲田大学法学部に入学。大学3年時に友人と「つーつーおーる!」を創刊。大学卒業後はメディア系企業に勤務している。