早稲田大学が遂にブラックバイト対策に本気になる




早稲田大学が新入生に向けて配布した「ブラックバイト対策本」がガチだと話題になっている。これまで早稲田大学は社会問題化していたセクハラ・アカハラ問題、違法薬物問題、SNS問題に関する対策を行ってきたが、ついにブラックバイト問題に本腰を入れ始めた。

しかし、大学生協などでのアルバイトも賃金の安いいわゆる「ブラックバイト」ではないかと言われており、それについての言及はない。




この記事をシェアしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

「つーつーおーる!」創刊編集長 2013年に早稲田大学法学部に入学。大学3年時に友人と「つーつーおーる!」を創刊。大学卒業後はメディア系企業に勤務している。