【意識低い系キリン】難易度高めの「絶望の起床」って知ってる?




2017年2月12日、西江健司氏(早稲田大学商学部4年・第14、15代早稲田王)が「意識低い系キリン」というLINEスタンプをリリースした。LINEスタンプリリースに関する記事はこちら

他人が果てしなく羨ましい

僕の名前は「意識低い系キリン」。伊敷非悔大学(イシキヒクイダイガク)に通う大学4年生だ。

自分で言うのもなんだけど、伊敷非悔大学(イシキヒクイダイガク)は東京の私立の中でもトップレベルの大学として名を轟かせている。

意識低い系キリン

自身が頑張りすぎた結果、世の中に対し厭世的な考えを持つ。上から目線でアドバイスを送ってくるが、根底には「無理しなくて良いんじゃない」の精神があり、実は良い奴とのウワサ

 

もう四年生だし、意識低い系の自虐をしてネタを提供するのもなんだか恥ずかしいけど、でもやっぱりそれは純然とした事実なのだから向き合わないといけない。
まあ本音を言えば、向き合いたくもないけども。

きっと僕だけじゃないと思うのだけれども、大学生になって何をしたら良いか、それが分からなくなっている。選択肢が多いからこそ、自分の選んだ選択性すらも疑ってしまう。
そして、どうも他人のしている事が羨ましくて、輝いているように見える。特にTwitterとインスタを見たときになんて日には、スマホをぶん投げたい気分だよね。みんな自分の一番輝いている所を切り取って挙げているだけなのに、なに嫉妬してるんだろ僕は

僕だってこの間、語学のクラスのアイドルの意識貴子ちゃんとのツーショットを挙げたばかりだろう。別にそんな仲良くないけど、たまたま集合写真の流れで声掛けられてとっただけのアレねアレ。
しかも、他の男子の後の流れだから貴子ちゃんに特にそんな深い意味はないはず。でも、その写真だけ挙げた僕って結局みんなと同じだよな。

今日はそんなひん曲がった僕がこの四年間で身につけた意識低い系の行いの中でも人をイライラさせた『絶望の起床(通称 絶起)』に注目して、より難易度の高い絶起を紹介するよ。

【技名1「ワンアワーバットゼッキ(1hour but zekki)」】

これは待ち合わせの1時間前に相手にLINEを送っておくんだ。「いまから向かうね」と。これで、もう下準備は整った。あとは、心地よく布団に戻ってまぶたを閉じて安眠の境地へと向かってみて。そして人間の睡眠推奨時間である7時間前後たっぷり寝てね。

寝付けが悪かったら想像してみてよ。直前1時間前の連絡があって、相手が「あ、起きている」と思ったのにも関わらず、絶起した時の相手の顔を。

待たせられている相手はきっとその間僕の事ばかり考えて、怒りが脳内にインフレしてるはずだよ。起きたら、その友達からの怒りのLINEがあると思うけど、その文脈を無視して送ってみて、

絶起」と。

これで、きっと直前のテストもその友達はノートを貸してくれないし、お先真っ暗だと思うとエクスタシー間違い無しだね。

【技名2「エクスタシーオブゼッキ(ecstasy of zekki)」】

これはもう絶起マスターの中でも限られた者にしか習得出来ないとされる伝説の秘技だよ。僕もマスターするのに、最低でも13年は掛かったよ。

この技は端的に言えば、起きているのに絶起状態に入る技だよ。え?何を言っているのか分からないって?常人の理解を超える技だから、今から具体的に説明するね。

必要なのはさっきと同じでスマホだけだよ。まずは相手との待ち合わせ時刻まで自宅に待機しよう。そして待ち合わせ時刻には当然待ち合わせ場所には行ってはいけない。

すると待ち合わせ時刻になった数分後に相手からLINEが来るだろう。すぐに既読を付けてこう送ろう。

絶起」と。

すると相手から何かしらの反応が来るだろうけども、全て文脈を無視してリアルタイムで自撮りを撮って送ろう。もちろん壁にかけてある時計を背景に写しておけば完璧だ。
これを見た相手は「リアルタイムで起きているのに、待ち合わせ場所に行く気の無い君」に怒りがエクスタシー(最高潮)に達するだろう。
きっと数々の罵倒や、「携帯乗っ取られた?」などの質問も来るだろうがここで怯んではいけない。
ひたすら無視してリアルタイムの自撮りを送ろう。
ここまで来ると自分のこの不可解な状況と相手の怒りのエクスタシーの呼応で、自分もエクスタシーに達する事が出来る

あとは相手の反応の如何を無視して自撮りを送り続けてそのままブロックされるか、既読が付かなくなるまで自撮りを送り続けよう。
ここまで来てこの技のレベルの高さ分かった?
この技においては技術は全く必要ないけど、圧倒的精神力と、自己中心的な思想に裏打ちされた徹底的な鍛錬を積まなければならないよね。
もちろん大学なんかにいって他者との社会的で文化的な生活に埋もれてしまってはこの技を身につけるのは不可能だよ。
「他人にどう思われても良い」。この究極の怠惰で利己的な精神がこの技の真髄だよ。

【技名3「イッタノニゼッキ(ittanoni zekki)」】

これは絶起の技の中でも最高難度の技で、「エクスタシーオブゼッキ(ecstasy of zekki)」のさらに上のレベル。これをマスターすれば、絶起師範の称号を獲得出来るよ。
でも、マスターするまでには友達を使って練習する事が不可欠。めんどくさいね。だけど、マスターした頃には友達は1人も居なくなっているはずだから安心してね。

これまでとは違って、これは待ち合わせの時刻通りに待ち合わせ場所に行く事が大事だよ。え?待ち合わせ場所に行っちゃうのって?お楽しみはここからだよ。
待ち合わせ場所に着いたら相手に一言こう言おう

絶起」と。

そしてコンボとして“その場で寝てしまおう”。寝た瞬間に相手は話しかけてくるだろうけど、全部無視をするよ。
最初は相手もなにかの冗談やサプライズのはずだと疑念を抱いてくるけど、ただ寝てるだけのこっちからすると笑えてくるから絶起の境地へと精神を誘う事が重要性を帯びているよ。
この点が先程の「エクスタシーオブゼッキ(ecstasy of zekki)」との最大の違いだよ。
これまでの傾向として、ものの10分もしない内に相手の脳内には少しずつ怒りがインフレして、罵倒、号泣、哀れみ、呆れ、の内のどれかの状態に陥るはずだ。その後は安定して帰宅という選択肢になる。そこまで完了して1人になったら「イッタノニゼッキ(ittanoni zekki)」のマスター達成だ。


リスクとしては周辺の人に不審者に間違われて通報される可能性があるので、注意しよう。しかし、人が多い定番の待ち合わせ場所ほど、これを行うレベルが高いので意識的にそこを選ぶのも吉。

※2017年2月7日現在で世界絶起協会から「『イッタノニゼッキ(ittanoni zekki)』は、そもそも待ち合わせ場所に行っている時点で多少の努力が見られてしまうので、技の難易度の格下げを検討する」旨の申し立てにより難易度については国毎の協会の判断によって異なる。「エクスタシーオブゼッキ(ecstasy of zekki)」の方がより難易度が高いとする国も存在するので注意が必要。

意識低いキリンより。

ここまで読んでくれてありがとう。
「本当に意識低いやつはこんな事言わない云々〜」とか文句いっぱいあるでしょ。てか、そもそもありがとう、とか言わないよね。
ずっと家で無気力で存在してれば誰からも文句も言われないしさ。結局この文章を読んで「努力しよう」、だなんて思わなかったでしょ。
なにか、人間ってハッピーエンドを求めちゃうよね。
そのくせ、ハッピーエンドだとありきたり、とか言っちゃうんだから生きづらい世の中だ。
人間て、人が少し何かに偏ると文句を付けたくなるよね。そんなのはまあ普通の事だから大丈夫だよ。

こんな世の中で無理する必要はないよ。
ずっと家に籠もってたっていいじゃない。親のすねをかじれるのも才能の一つだよ。
まあ、外に出て色々挑戦して文句言われてもいいなら、それでもいいんじゃないかな。
でも、今までずっと頑張ってきた人こそ、たまには休むことも大事だよー。
嗚呼、なんか最後は良い奴みたいな終わり方だね。
自分で言っちゃうよね。
またどっかで会おう。
でも会話するの苦手だからこうやってネット越しだけどね!

そんな意識低い系キリンのLINEスタンプはこちら




この記事をシェアしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

自身が頑張りすぎた結果、世の中に対し厭世的な考えを持つ。上から目線でアドバイスを送ってくるが、根底には「無理しなくて良いんじゃない」の精神があり、実は良い奴とのウワサ