【連載】ホームレス早大生




その男は、大きな黒いバッグを背負ってやってきた。小柄な女性なら1人は入れるかというようなバックパックだ。

自分のことを『榊原』と名乗った彼こそが、早稲田大学22号館で寝泊まりをしている男「ホームレス早大生」

2時間にわたる編集部の独自インタビューに応じた彼の口から出てきたのは、早大生による驚くべきホームレス生活だった!

早稲田大学に通いながら、家がなくホームレスをしている。そんなことが本当にあるのだろうか?

「つーつーおーる!」編集部は、ホームレスの早大生独占インタビューを敢行。全4回の連載でお送りします。

「ホームレス早大生【#1】」文学部8年生のホームレス

「ホームレス早大生【#2】」毎週のヒッチハイク生活

「ホームレス早大生【#3】」そして22号館へ

「ホームレス早大氏【#4】」早稲田の過去と未来について語ろう

 




この記事をシェアしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

「つーつーおーる!」創刊編集長 2013年に早稲田大学法学部に入学。大学3年時に友人と「つーつーおーる!」を創刊。大学卒業後はメディア系企業に勤務している。