早稲田大学文学部出身の有名人一覧!作家、映画監督から歌舞伎役者まで




作家から映画監督まで数々の文化人を世に輩出した、早稲田大学「文学部」の出身者を紹介します。

第一文学部は2006年まで早稲田大学に置かれていた学部で、2007年以降は文学部に統合されました。

堺 雅人(さかい まさと)

俳優。第一文学部中国文学専修を中退した。大学時代から役者を志すようになり、「東京オレンジ」の旗揚げに参加。「リーガル・ハイ」「半沢直樹」などの民放ドラマから、大河ドラマ「真田丸」など幅広く出演している。妻は女優の菅野美穂。

松本 幸四郎(まつもと こうしろう)

俳優、歌舞伎役者。九代目 松本 幸四郎。多才であり、歌舞伎以外にもミュージカルやテレビドラマにも出演している。「勧進帳」の弁慶役などが当たり役として知られる。第一文学部演劇学科を中退した。

長塚 京三(ながつか きょうぞう)

俳優。第一文学部演劇科を中退した。早稲田大学では久米宏らとともに劇団木霊で活躍した。フジテレビ系「ナースのお仕事」などが代表作である。

藤村 俊二(ふじむら しゅんじ)

俳優。第一文学部演劇学科を中退した後は、東宝芸能学校舞踊科の1期生となった。振付師として活躍したのち、俳優・タレントとなった。映画「ラヂオの時間」や日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」などが代表的な出演作。

皆藤 愛子(かいとう あいこ)

キャスター、タレント。第一文学部卒。2005年からフジテレビ系「めざましテレビ」のキャスターを務めた。オリコン主催「好きなお天気キャスター・気象予報士」ランキングで1位になったこともある。セントフォースに所属している。

八木 亜希子(やしろ あき)

フリーアナウンサー。第一文学部総合人文学科卒。1988年にフジテレビに入社し、「めざましテレビ」などを担当した。2000年にフジテレビを退社し、現在はフリーアナウンサーとして活躍している。日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞したこともある。

山本 雪乃(やまもと ゆきの)

テレビ朝日アナウンサー。岡山県出身。2014年にテレビ朝日に入社し、新人アナウンサーとしては初めて「熱闘甲子園」の司会に抜擢された。現在は、「羽鳥慎一モーニングショー」のキャスターを務めている。

北川 悦吏子(きたがわ えりこ)

脚本家。第一文学部哲学科東洋哲学専修卒。『素顔のままで』『ロングバケーション』などが代表作。卒業後は広告代理店に入社するが、半年で会社を辞めた。映画監督、エッセイストとしても活躍している。

ラサール 石井(ラサール いしい)

俳優、お笑い芸人、声優。第一文学部仏文科を除籍となった。テレビアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』 両津勘吉役などを務めたほか、同名の舞台にも出演していた。

中野 裕太(なかの ゆうた)

タレント。第一文学部卒。「仮面ライダーキバ」で俳優デビュー、2015年の映画「もうしません!」で初主演を果たした期待の若手俳優である。

假屋崎 省吾(かりやざき しょうご)

華道家、タレント。第一文学部卒。「假屋崎省吾 花・ブーケ教室」を主催している、日本を代表する華道家である。また、TBS系「中居正広の金曜日のスマたちへ」やフジテレビ系「笑っていいとも!」などテレビメディアに出演することも多い。

堀尾 正明(ほりお まさあき)

フリーアナウンサー、司会者。第一文学部哲学科卒。元NHKアナウンサーである。俳優座などで活躍したのち、26歳でNHKにアナウンサーとして入局。「NHKニュース10」や「サンデースポーツ」などに出演したが、2008年にNHKを退社しフリーアナウンサーとなった。

田原 総一朗(たはら そういちろう)

ジャーナリスト、ニュースキャスター。第一文学部史学科卒。就職活動でテレビ局などを受けるが落ち、岩波映画製作所に入所した。元テレビ東京ディレクターであり、現在はテレビ朝日系「朝まで生テレビ!」やテレビ朝日系「激論!クロスファイア」などに出演している。

勝谷 誠彦(かつや まさひこ)

ライター、タレント。第一文学部卒。大学では少女漫画研究会に所属していた。卒業後は広告代理店の電通に入社したがすぐに退社、文藝春秋に入社した。文藝春秋ではジャーナリストとして活躍したが、現在はゲストとしてテレビ番組に出演することが多い。

中谷 彰宏(なかたに あきひろ)

作家 俳優。第一文学部演劇学科卒。同期に原田宗典がいる。大学卒業後は広告代理店の博報堂に入社し、CMプランナーとして活躍した。作家としては、『面接の達人』などのベストセラーがある。

村上 春樹(むらかみ はるき)

小説家、翻訳家。第一文学部映画演劇科卒。日本を代表する作家であり、「羊をめぐる冒険」「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「ねじまき鳥クロニクル」「海辺のカフカ」「1Q84」などの代表作がある。新作が発売されるたびに話題になり、ノーベル文学賞受賞が毎年噂さされている。大学時代は和敬塾に住んでいたこともある。

五木 寛之(いつき ひろゆき)

作家。第一文学部露文科を中退した。大学時代は住み込みで業界紙の配達などの仕事をした。その後学費未納で除籍となるが、編集者・作詞家として活躍した。1967年に「蒼ざめた馬を見よ」で直木賞を受賞した。
代表作に『蒼ざめた馬を見よ』や『風に吹かれて』などがある。

角田 光代(かくた みつよ)

小説家、翻訳家。第一文学部文芸専修卒。大学時代には学生劇団「てあとろ50’」に所属していた。2005年に「対岸の彼女」で直木賞を受賞した。大学卒業後すぐに作家デビューを果たし、
代表作に『キッドナップ・ツアー』『八日目の蝉』などがある。

三浦 しをん(みうら しおん)

小説家。第一文学部演劇科卒。就職活動では出版社を主に受けていたが、早川書房の入社試験で作家になることを勧められる。その後本屋にアルバイトとして勤務した。2006年に「まほろ駅前多田便利軒」で直木賞を受賞した。
代表作に『私が語りはじめた彼は』『舟を編む』などがある。

俵 万智(たわら まち)

歌人。第一文学部日本文学科卒。大学時代はアナウンス研究会に入っていた。第一歌集であった『サラダ記念日』が280万部を超える大ヒットを記録し、一躍日本を代表する歌人となった。その他の代表作に『チョコレート革命』などがある。

野坂 昭如(のさか あきゆき)

作家。第一文学部仏文科を中退した。早稲田大学入学以前に新潟大学に入学し、3日で退学している。
1967年に「火垂るの墓」「アメリカひじき」で直木賞を受賞した(受賞したのは五木寛之と同じ年である)。
クロード野坂という名で歌手活動も行なっていたほか、1983年には参議院議員選挙に立候補するなど、政治家としても知られている。

是枝 裕和(これえだ ひろかず)

映画監督。第一文学部文芸学科卒。番組制作会社であるテレビマンユニオンに入社し、テレビ番組のADをしながらドキュメンタリー番組の演出を担当していた。代表作としては、第57回カンヌ国際映画祭で柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞した『誰も知らない』、第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した『そして父になる』などがある。

堀井 雄二(ほりい ゆうじ)

ゲームデザイナー。第一文学部卒。大学時代は早稲田大学漫画研究会に所属していた。大学卒業後はフリーランスとして活動していたが、しばらくするとパソコンゲームにハマり自作するようになった。1986年に発売されたドラゴンクエスト生みの親として知られている。

小渕 恵三(おぶち けいぞう)

第84代 内閣総理大臣。第一文学部卒業後、早稲田大学大学院政治学研究科を修了した。大学時代は政治家になるためのスキルアップとしてに数多くのサークルに所属し、代表などを務めた。新元号である「平成」を発表した内閣総理大臣として知られている。内閣総理大臣在職中に脳梗塞を発症、その後他界した。

東国原 英夫(ひがしこくばる ひでお)

政治家、タレント(そのまんま東)。文学部社会人間系専修卒。政治経済学部政治学科を中退した。ビートたけし率いる「たけし軍団」の一員であり、テレビなどで活躍した。フライデー襲撃事件によって謹慎となっている間に早稲田大学に入学した。元宮崎県知事であり、東京都知事選に立候補したこともある。




この記事をシェアしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

「つーつーおーる!」は早稲田大学最大の学内Webメディアです。 早稲田をもっと面白くするために何ができるかを考え続ける学生や、卒業生によって運営されているメディアであり、複数のライターを抱える編集部を持っています。