早稲田大学政治経済学部出身の有名人一覧!総理大臣、実業家からモデルまで




首相から日本を代表する実業家、人気アナウンサーまで輩出している早稲田の看板「政治経済学部」の出身者を紹介します。

内野 聖陽(うちの せいよう)

俳優。在学中は早稲田大学英語会に所属していた。2007年にNHK大河ドラマ「風林火山」に出演して一躍脚光を集め、TBS系「JIN-仁-」や映画「臨場・劇場版」などに出演した。

市川 紗椰(いちかわ さや)

ファッションモデル、キャスター。アメリカ人の父親を持つハーフである。雑誌「ViVi」の専属モデルを務めた後、フジテレビ系「ユアタイム」のキャスターを務める。音楽やアニメなどが好きで、大のガンダムファンであると公言している。

蓬莱 大介(ほうらい だいすけ)

気象予報士、キャスター。気象情報会社「ウェザーニュース」の契約キャスターとして、読売テレビで天気予報コーナーを担当している。兵庫県明石市出身。

羽鳥 慎一(はとり しんいち)

フリーアナウンサー。元日本テレビアナウンサーであり、「ズームイン!!サタデー」や「ズームイン!!SUPER」など朝の情報番組を担当した。フリー転身後には「羽鳥慎一モーニングショー」などの番組に出演。2012年に離婚、2014年に再婚をした。過去には「好きな男性アナウンサーランキング」で1位を獲得したことがある。

寺門 亜衣子(てらかど あいこ)

NHKアナウンサー。在学中に学生キャスターとして「BSフジNEWS」に出演し、2008年にNHKに入局した。「ニュース シブ5時」に出演している。

吉田 照美(よしだ てるみ)

フリーアナウンサー、タレント。元文化放送アナウンサーで、「セイ!ヤング」などのラジオの名物番組を担当していた。学生時代は早稲田大学アナウンス研究会に在籍していた。

久米 宏(くめ ひろし)

キャスター、フリーアナウンサー。元TBS アナウンサーであり、「ぴったし カン・カン」「ザ・ベストテン」などの番組を担当、その後フリーアナウンサーになりテレビ朝日系「ニュースステーション」のメインキャスターを務めた。

乙武 洋匡(おとたけ ひろただ)

作家、タレント。先天性四肢切断という障害があり、自らの生い立ちなどを記した『五体不満足』がベストセラーを記録した。2016年3月に5人の女性との不倫が明らかとなり、謝罪した。

青山 繁晴(あおやま しげはる)

参議院議員、作家。独立総合研究所社長。共同通信に入社し、政治部で総理番などを担当。2016年の参議院総選挙で自民党から立候補(比例代表区)し、当選した。

姜 尚中(カン サンジュン)

政治学者。熊本県出身の在日韓国人である。テレビ朝日系「朝まで生テレビ!」など様々な番組でコメンテーターとしても活躍している。二世政治経済学部を卒業後、政治学研究科博士課程を修了した。

イケダハヤト

ブロガー。半導体メーカー、ITベンチャーなどを経て、フリーランスとして活躍。ブログ「まだ東京で消耗しているの?」の執筆者。現在は高知県高知市在住。

岡田 武史(おかだ たけし)

元サッカー選手、サッカー指導者。元サッカー日本代表監督(2010 W杯南アフリカ大会)でもあり、コンサドーレ札幌、横浜F・マリノス、杭州緑城(中国)などの監督の務めていた。

南谷 真鈴(みなみや まりん)

登山家。七大陸最高峰日本人最年少登頂記録保持者でもある。2017年4月13日に北極点に到達したことで、エクスプローラーズ・グランドスラムを最年少で達成した。

出井 伸之(いでい のぶゆき)

実業家。卒業後の1960年にソニーに入社、1995年から代表取締役社長を務めた。社長時代には「エレクトロニクスのソニー」から「インターネットデバイスのソニー」「コンテンツのソニー」への変革を推し進めた。

柳井 正(やない ただし)

実業家。持株会社ファーストリテイリング(代表的なブランドに「ユニクロ」「gu」など)代表取締役会長兼社長。東日本大震災の義援金として10億円寄付したことが話題になった。

村上 太一(むらかみ たいち)

実業家。リブセンス代表取締役社長。早稲田大学高等学院出身であり、大学の授業であった「ベンチャー起業家養成基礎講座」のビジネスコンテストがきっかけで起業した。一時期、大学内の起業家養成施設にも入居していた。

夏野 剛(なつの たけし)

実業家、大学教授。株式会社KADOKAWA・DWANGO取締役。東京ガスを経て、NTTドコモに契約社員として入社。iモードビジネスの立ち上げを行い、慶應大学大学院政策・メディア研究科の特別招聘教授を務める。

福田 康夫(ふくだ やすお)

第91代内閣総理大臣。父は第67代内閣総理大臣の福田赳夫。第一政治経済学部(1973年に政治経済学部に改称)を卒業した。2008年9月に内閣総辞職。

野田 佳彦(のだ よしひこ)

第95代内閣総理大臣。学生時代はジャーナリストを志していたが、松下政経塾に第一期生として入塾。日本新党を経て、2011年に民主党代表となった。

渡辺 喜美(わたなべ よしみ)

政治家。第一次安倍内閣では内閣府特命担当大臣(規制改革)をつとめ、その後自民党を離党、現在は日本維新の会所属の参議院議員。大学卒業後に中央大学法学部に学士入学している。

橋下 徹(はしもと とおる)

政治家、弁護士、タレント。元大阪市長、元大阪府知事。「行列のできる法律相談所」に出演したことで全国的に認知されることとなり、2008年の大阪府知事選挙で当選。「大阪都構想」を掲げ、2011年には大阪市長に当選。しかし、2015年に政界を引退した。

世耕 弘成(せこう ひろしげ)

政治家。大学卒業後はNTTに入社。その後政界入りし、内閣官房副長官などを歴任した後、第3次安倍第2次改造内閣では経済産業大臣を務めている。

元谷 芙美子(もとや ふみこ)

実業家。アパホテル社長。元谷外志雄の夫であり、自身がホテルの広告塔として活動している。早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程を修了。

小渕 優子(おぶち ゆうこ)

政治家。第2次安倍改造内閣では経済産業大臣を務めた。談合が疑われる企業からの献金や政治資金報告書への虚偽記載、隠ぺい工作など政治資金に関して報じられることが多い。早稲田大学大学院公共経営研究科を修了。




この記事をシェアしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

「つーつーおーる!」は早稲田大学最大の学内Webメディアです。 早稲田をもっと面白くするために何ができるかを考え続ける学生や、卒業生によって運営されているメディアであり、複数のライターを抱える編集部を持っています。