早大サークル炎上から3日、新たな展開へ




早稲田大学のオールラウンドサークル「SOPHIE」が高田馬場の居酒屋でいわゆる「バックレ」をしたことが明るみになってから3日が経った。行為が悪質でもあり、居酒屋の店員が「警察行きますよ」と呟いたことから主に大学外で騒ぎが大きくなったが、そのせいか当事者たちの状況はつかめなくなってしまった。事態は収束に向かっているのか。それとも泥沼化してしまっているのだろうか。

編集部が調査を進めたところ、断片的にではあるが、ことの真相と新しい情報が見えてきた。

問題のつぶやきの前に、店舗が連絡を送っていた

今回、従業員とみられる人物の呟きが拡散し騒ぎとなったが、その呟きの前に店舗側から、サークル側へ連絡を取ろうとした形跡を発見した。

店舗のツイッターアカウントから「○○(店名)のものですが、4月1日の件につきましてお話したいことがございますので一度お店にご連絡いただけますでしょうか」というリプライが送られていた。どうやら、店がまず初めにサークルをTwitterで探し出し、無断キャンセルした理由を聞こうとしたようだ。

SOPHIE 16thはID名を変えた新アカウントを作った

つーつーおーる!編集部は、2016年4月6日未明に新アカウント(@sophie__16)が作られたことを確認した。ここで4月8日早朝に、新歓活動の中止を発信した。やはり今回の事件が相当な痛手となったようだ。

サークルと居酒屋の交渉は継続中

騒ぎの元となった呟きをした従業員は「円満解決しました。お騒がせして申し訳ありませんでした」とツイートし、サークルの方も似たようなツイートをしている。

現時点(2016年4月8日 7:00現在)でも、具体的な手打ち案などの情報は入っていないが、高田馬場駅に近い居酒屋は売り上げの多くを早大生に頼っているため、強硬な態度をとりづらいのではないかという指摘もある。

今後何らかの対策を講じる店が増えたとしても、現状バックレによって訴訟問題まで発展することは考えづらい。また当該サークルの幹部数名の名前がにちゃんねるで晒され、サークルとしても新歓自粛に追い込まれるなど社会的制裁を既に受けていると言える。となるとこの居酒屋がサークルにキャンセル料を請求する可能性はますます低いだろう。

追記(4月8日8:00):この居酒屋はサークルにキャンセル料を請求することはせず、交渉は終結した。
また、大学は当該学生を大学に呼び、事情を聴く方針だという。

j-castニュース記事がアクセス1位を記録

大手ニュースサイト「j-castニュース」のアクセスランキングで今回の事件を扱った記事がアクセスランキングトップを記録した。早大生の不祥事における世間の関心の高さがうかがわれる。またこの記事はライブドアニュース、yahoo!ニュースなどにも転載されており、4月8日に朝の情報番組「羽鳥モーニングショー」でも報道される予定となっている。

求められる早大生のモラル

今回、これだけ大きな問題となった背景には、バックレという行為の性質以上に、「早稲田のサークルが」という点が大きかったのだろう。全国トップクラスの私大として知らぬものはない我が大学であるが、それだけに良くも悪くも注目を浴びやすい。

私たち早大生は本件を他人事だと思わずに、自らを戒める必要があるのではないだろうか。




この記事をシェアしよう!

5 件のコメント

  • いち従業員が訴訟をちらつかせるのも阿呆だが
    結局金銭的損害を店側が被っただけで終わったというのはつまらん結末やな

  • どうせさ「俺らは早大だし客だしいいよねー」っていう意識なんだろ。

  • この程度のトラブルは世の中にいくらでもある。
    それを尻馬に乗って拡散させ炎上させて復活できないほど叩いて
    社会的な死に至らしめるまで追いこんで制裁を加える。
    メディアに期待されている告発機能はそんなことではないはずだ。

  • 当事者のお店側からしたらこの程度ですませられたら困るわけですが?
    拡散されなければお店の泣き寝入りで終わってたかもしれない事を考えれば
    これぐらい当たり前の事
    というかね、大人数で予約しておいて連絡もせずに当日にバックレなんてあまりにも悪質
    あまりにもモラルも何もない
    この一件が晒されて同じようなトラブルにあう店がなくなればいい