【早稲田祭2016】絶対に見逃せない斬新な企画7選




16万人近くが来場する熱狂の「早稲田祭2016」がついに開幕。
つーつーおーる!編集部では数ある企画の中から、これまでとは一味も二味も違った斬新な企画をご紹介します。
この記事で予習をして、早稲田王のお馴染みのゲテモノを見て叫び、ミスター早稲田の体に酔いしれ、EndingFestivalを見て帰っていた「これまでの早稲田祭」におさらばしましょう!
ただのトークショーではない、至極の7企画です。

これを見なければ帰れない!

早稲田セクシー予備校!~なんてエッチな!?TOOEIC対策講座~(有志)

有志によって開催される今年が2度目の「早稲田セクシー予備校!」昨年は試験問題に上手にエロを盛り込んでくる抜群の構成が高く評価されましたが、昨年の開催者の思いを引き継いだ今年も期待が持てそうです。
ソフトオンデマンドとの協賛を取り付け、元SOD社員の市川まさみを筆頭として、戸田真琴、澁谷果歩、速水ライリという豪華な布陣でのぞみます。
料金:学生500円、一般1000円
場所:15号館101教室
時間:11月6日15:00-16:30

cwxu66lveaekfqh

https://pbs.twimg.com/media/CwXu66lVEAEkFQh.jpg

TRYTUBE~まだ見ぬ挑戦の海へ~(早稲田大学広告研究会)

いくつかある早稲田大学広告研究会主催の企画で最も挑戦的なのが現役YouTuber、「水溜りボンド」さんを呼んで行うこの企画。チャンネル登録者113万人を超えているYouTuberが編集なしに挑戦すると何が起こるのか、その答えは実際に会場で確かめてほしい。
早稲田フラダンス同好会、「チア男子」の元になった早稲田大学男子チアダンスチームSHOCKERSも出演するなど、豪華な要素がたくさんある。
料金:無料
場所:15号館402教室
時間:14:00-15:00

cwoo7k8viaawsyf

https://pbs.twimg.com/media/CwOO7k8VIAAwSYf.jpg

小島みなみのホットタンin早稲田祭(有志)

早稲田祭のアダルト企画もう一つは、ゴッドタンなどで大活躍中の小島みなみを起用した満員必死のこの企画。1部ではゴッドタンに、2部ではAV女優に寄せたというのを聞くと、よりどちらも見たくなってしまうほど。今年から大学当局によって18歳未満入場禁止の措置が取られた。
ちなみに、上記のセクシー予備校とは開催時間が一部かぶっているためお気をつけください。
料金:学生800円、一般1500円(1部2部別)
場所:11号館505教室
時間:11月6日11:30-12:15(1部)
14:30-15:15(2部)

cv6q1txumaao4-f

https://pbs.twimg.com/media/Cv6Q1tXUMAAo4-f.jpg:large

ニューワセダ活弁(早稲田リンクス)

活弁と聞いて「カツ弁」を連想するのは「ワセ弁」好き。
それはともかく、活弁とは無声映画で話の筋や情況を説明することを言います。より聞きなれている言葉にすると、アテレコです。
毎年挑戦的な企画をこれでもかと持ってくる早稲田リンクスですが、今年は佐々木亜希子さん(活動弁士)、永田雅代さん(生演奏家)、漫画家の石黒正数さんというメンバーを呼んでのライブトークライブを行うそう。社会人の方だけではなく、ぜひ見たことのなかった早大生の人にも見てほしいイベントになっていそうです。
公式サイトでは出演者のインタビューも掲載。さすがリンクス、芸が細かい。
料金:1000円
場所:10号館109教室
時間:11月6日15:00-16:30

cthl73jvyaabhxf

https://pbs.twimg.com/media/CthL73jVYAAbHXf.jpg

こじわせ!!~こじらせライブin早稲田(企画集団便利舎)

早稲田祭の名物企画、早稲田王決定戦を主催する企画集団便利舎が行うもうひとつの企画は、「久保みねヒャダこじらせナイト」などを手掛けるプロデューサーの木月洋介さん、音楽クリエイターのヒャダインさん、漫画家でエッセイストの能町みね子さんを招いたトークライブ!ということはつまり、「久保みねヒャダこじらせナイト」に久保ミツロウが出ていないだけという豪華さ。しかも、早稲田で番組を(ほぼそのまま)持ってくるという斬新さです。
早稲田のシンクタンクを自称する彼らは、人気番組をどのように早稲田大学Ver.にアレンジするのか、高い期待を持つことができる企画になっています。
料金:学生900円(当日に15枚限定で販売)、一般発売は終了
場所:戸山キャンパス38号館AV教室
時間:11月5日13:00-14:30

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-52

https://twitter.com/kojiwase

早稲田祭電波ジャック2016(FMwaseda)

早稲田で唯一のラジオ局のFMwasedaは、ラジオドラマ脚本家の北阪昌人さん、声優の寺崎裕香さん、女優の吉本実憂さん、声優でラジオパーソナリティのマフィア梶田さんなどを呼んでの生ラジオ番組を企画。事前の応募は3日までだったが、当日券の用意もあるという。
料金:無料
場所:早稲田キャンパス15号館03教室
時間:11月5日10:40-吉本実憂さん
12:40-寺崎裕美さん
14:10-北阪昌人さん
15:50-マフィア梶田さん

cwvadnpuaaagm2n

https://pbs.twimg.com/media/CwVAdNpUAAAGm2N.jpg

中夜祭2016(中夜祭2016実行委員会)

1日目の最後に大熊講堂前ステージで行われるこの企画は、サークルを引退した4年生が、早稲田に言いたいこと表現するためのこの企画。実行委員会には早稲田に対して、強すぎる思想を持ったものが多く集まっているという。
そんな中夜祭2016実行委員会が掲げているのが「大早稲田主義」
去年大隈講堂前に集まった多くの来場者を魅了するのか、それとも単に早稲田生が早稲田に文句を言って終わるのかはわからないが、ここで紹介した中で唯一ゲストが登場しない企画であるため、キャスティングに頼らない面白さで早稲田全体を心の底から笑わせてくれることは間違いない。
料金:無料
場所:大隈講堂前ステージ
時間:11月5日16:30-17:10

cwy0-g9ucaardit

https://pbs.twimg.com/media/CwY0-g9UcAArDIt.jpg

感想

早稲田祭では、100を優に超える企画が行われており、その背景や思いも様々です。
その中でこの「斬新な企画」には、より強い思いをもってこれまで存在しなかったものを生み出そうとする早大生の創意工夫が表れています。
新たなワセダを発見できるこの企画たち、是非ご覧になってはいかがだろうか。




この記事をシェアしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

「つーつーおーる!」創刊編集長 2013年に早稲田大学法学部に入学。大学3年時に友人と「つーつーおーる!」を創刊。大学卒業後はメディア系企業に勤務している。