DOTAMA、山地康太出演のイベント!「目に視える音」の不思議な世界




11月4日(土)5日(日)に開催される早稲田祭では、著名人を招いたイベントが盛りだくさんだ。

前回紹介した早稲田リンクス主催の「未来のページをめくる~革命のファンファーレを鳴らそう~」はメディアに興味がある人にとって魅力的だが、早稲田リンクスは音楽に興味がある学生/来場者向けにもイベントを開催する。

このイベントでは、MVについてこだわりを持つDOTAMAさんと魅力的な映像作品を作り続けている山地康太さんのお二方に「音楽ワルキューレ2」の製作秘話や、MVの作り方についてお話をうかがう。イベントの最後には山地さんの映像をバックにDOTAMAさんが歌うことで、音楽と映像のつながりを体感できるなど、盛りだくさんの内容となっている。

一捻りも二捻りもされているこの企画、ライブだけではなく音楽と映像の繋がりを体感したいなら行くしかない!

開催概要

YouTubeの普及以降、 新しい音楽の出会いにミュージックビデオは欠かせない。
ミュージックビデオが話題になったことによって音楽が世に広まるということも珍しくなくなった。魅力的なミュージックビデオは、時に音楽だけでは伝えきれないことを映像によって補完し、 楽曲の魅力を余すことなく伝え得る。今や耳で聴くだけではなく、視ることによっても音楽を味わっているのだ。
当イベントはそんなミュージックビデオ文化が音楽と映像をどのように変えたのかを解き明かすトークと、 映像と音楽のコラボレーションを体感するライヴによって、 映像と音楽のつながりに迫っていく。

音楽の楽しみ方が変わる、
音楽シーンの「今」を切り取ったライヴ&トークイベント。

【出演者】(敬称略)

DOTAMA
力強い声、激しいステージング、練られた歌詞で、独特のラップミュージックを表現する。 「音楽ワルキューレ2」、「謝罪会見」など代表曲多数。 MCバトルへ多数出場し、「フリースタイルダンジョン」の初代モンスターとしても知られる。 ワンマンLIVE、全国ツアー、自主企画イベントなど精力的にLIVE活動も行なっている。

山地康太
気鋭のデジタルアーティストであり、大学在学中より映像の制作も行う。 これまでDOTAMAの「音楽ワルキューレ2」や安室奈美恵「Anything」などのミュージックビデオなどに携わる。 またDOTAMAのライヴをはじめとしてVJの活動も行なっている。

鹿野淳(司会)
音楽ジャーナリスト。音楽誌「ROCKIN`ON JAPAN」の編集長を務め、 独立後は株式会社FACTを設立。「MUSICA」を創刊し、 さいたまスーパーアリーナで行われる音楽フェス「VIVA LA ROCK」を立ち上げるなど、 様々な視点から音楽シーンを見据えている。

【日時】2017年11月5日(日)
【場所】早稲田大学早稲田キャンパス10号館109
【開場】10:30
【開演】11:00
【終演】
【入場料】1500円
【事前予約サイト】 e+
事前予約はこちらから→http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002240480P0030001
【主催】早稲田大学公認学生団体早稲田リンクス
Twitter : https://twitter.com/wasedalinks




この記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

「つーつーおーる!」創刊編集長 2013年に早稲田大学法学部に入学。大学3年時に友人と「つーつーおーる!」を創刊。大学卒業後はメディア系企業に勤務している。