Fラン高校→早稲田に行った人が語る。いいこと悪いこと

今週の輝けないワセジョ




Fラン高校→早稲田と言うと、某K義塾にビリのギャルが行った小説を思い起こさせるようなサクセスストーリーといえばそれはそうかもしれない。

ここでは、筆者自身が実際に都内のfラン女子校→早稲田を体験してみて良かったことと悪かったことを書いてみる。

どんなFランだったかを個人が特定されないレベルで説明しておく。



  • 某有名塾の偏差値表では概ね30台から上に行くことはない
  • 進学実績で最多は数年間連続で偏差値が河合塾の偏差値でBFに近い女子大。早稲田は私で本キャン何年ぶりなのかの世界。当然東大はいるはずがない。
  • 定期テストは教科書の暗記でなんとかなる。数学でも数字すら変えないらしい…

  • 学校行事と恋愛至上主義が生徒や先生の平均的な価値観
  • Yahooニュースを少し見ればわかるようなトップニュースを知っていれば天才扱い
  • 河合塾や進研の模試は難しいから解けなくても仕方ないね★by 学年教師
  • 我々のアホさ加減に某都内有名国立大出身や東大の院卒の先生が耐えかねて何人辞めたかわからない

  • 中3時点でクラスのほとんどが性経験アリ

こんな感じである。 まずは良かったことから。

良かったこと1 とりあえず褒められて気持ちいい

どんなにインキャでも先生からも生徒からも褒められる

とにかく褒められる。

一生分の褒め運を使ったかのように褒められるのだ。

これで気分が悪くなる人はそうそういないだろう。

良かったこと2 今日も明日も今週も輝ける

1に関連するが、周りの顔面偏差値が高い奴、男イキリ、結婚しか考えてないお花畑…などにマウントを取れる

ちなみに、私は某知事の言う通りに録音されて困ると思ったのでその件については謹んだ。

あとは、見た目さえ良ければパンフレット載れたなあ…(白目)(願望)

良かったこと3 塾やカテキョバイトで人気者になれる。

特に、このようなFランから早稲田みたいな人材はありがたがられる

なぜなら、塾やカテキョを頼るような子で最初からめちゃくちゃできるみたいなのが稀なので、うちの子でも早稲田受かるのね…!という風に希望を持って入塾してくれる人を増やすためのいい広告塔になるのだ。

また、できなかったころの自分を知っているし、ある程度Fラン時代の子たちを見てきてるので、生徒や生徒の親としては接しやすく見えるだろう。

特に勉強に困ってる生徒目線で考えられるからである。

続いては、悪かったことについて。

悪かったこと1 利用される

とにかくこれが厄介で、実は卒業後はソーシャルディスタンスを自主的に取った。

連絡が来るときはほぼ、「早稲田で稼ぎそうなイケメンを紹介しろ」「マルチ商法」「将来高収入になれるんやろ?金貸して〜」の類で嫌になったのだ。

それまでインキャ扱いしてきた奴らがこぞって君は友達!と言い出すのだ。

また、一緒に旅行に誘われたことがあるのだが、なんと参加の条件が無料の英語&ドイツ語通訳かつ添乗員だったのだ。

これはやってらんない…

悪かったこと2 やはりdisりはある

一部体育会系の先生や生徒、恋愛至上主義の生徒に見られたが、勉強しかできねえんやろ?とdisられる。

勉強もできない人にそれを言われても…

悪かったこと3 就活で辛い

どういうことかというと、稀に高校学歴フィルターが存在するところがある。

その手のところに行って高校名を言うと、大体の人事の皆さんはどこそこ?と聞き、中学までのどこかで受験しくじったんやなとか言われるのだ。

幼稚園受験しくじって、そのまんま付属の小、中、高と進学したのが悪いのだが…(いろいろ外部に出るに出れない事情がありました)

悪かったこと4 大学に入ってから

これも就活と同様である。

どこの高校かを言えないのだ。

というか、言っても通じないのだ。

自分の知り合いがうちの中高でチューターとしてバイトしてて、「あの女子校めっちゃアホやで!」って言われたりしてるのを聞くと尚更言うに言えないのである。

ゼミ戦で高校名を聞かれて、どこそこ?となって答えたときの空気は異様なものだった(ちなみにゼミは全落してノンゼミになった。これも後日記事にしたい。)

結論:総合的に見たらFランから早稲田に行って辛いことが多かった



とは言ったものの、Fランから早稲田に行けたということはそれだけ周りに流されずに努力する能力があなたにあるということだ。

逆にこのことを武器にして、就活の人事をアッと言わせてみよう。

ちなみに、この手の話は日系超大手(金融)より外資(航空業界)のがウケが良かった……

以上、今週の輝けないワセジョでした。

それでは。



Twitter:@oscuro_45

note::https://note.com/thisweek_wasejyo…

ライター紹介:今週の輝けないワセジョ

魔の1996年生まれ、商学部の19卒。TOEIC970点なのにまさかのノンゼミ卒業。で、学部からマーケティングやりたかったのに、研究テーマでいろいろあって現在政治学研究科M2。 2019年秋から2020年5月末までベネチアにいる予定だったのに、3月に帰国しちゃいました。今は留学終わって復学待ちの無職です。

おまけ: 去年9月から今年5月末まで留学していたベネチア




今週の輝けないワセジョ

この記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。