【苦労しました9浪だけに】アラサー早大生濱井正吾が異次元すぎる件w【連載決定】




早大生界隈を震撼させた9浪芸人

「1浪してからが人生」

「浪人してないやつは浅い」

そんな浪人マウントを取り合う早大生界隈に、ある日、超大物ルーキーが参戦する。

「苦労しました、9浪だけに」という渾身の捨身ギャグを武器に暴れる男、濱井正吾(29)だ。

9浪ってどゆこと?w

いやちょっと待ってほしい、9浪ってどゆこと?

浪人とは大学入試に失敗し、合格を目指し努力すること。

9浪ということは、9年間もの空白の期間?

濱井さんの場合、4年間をFラン大学で過ごし、その後5年間かけて現在の早稲田大学へ合格したらしい。

合計すると4+5年で9浪の計算。

大学にいる期間をプラスするのはセコい気もするが、それでもその後5年間かけて早稲田に入学した、生粋の苦労人である。

※4年間通った大学は大阪産業大学と龍谷大学(編入)で、本人はFランではないと否定している

そこまでして早稲田に入りたかった理由

そこまでして濱井さんを早稲田へ駆り立てた理由はなんなのか。

自身のYouTubeチャンネルや、他チャンネルのインタビューの様子をまとめると大きく3点ある様子。

  • 高校時代のいじめ
  • Fラン大学時代のコンプレックス
  • ブラック企業の経験

※本人はFラン否定

特に高校時代のいじめは濱井さんに大きな影響を与え、どうしても彼らへ復讐したい気持ちが芽生えたらしい。

何も早稲田に入り直さなくても、お金を稼ぐなり、幸せな家庭を築くなり、他にも方法はあった気はするが・・・

現在の活動

そんな濱井さんは現在29歳の現役早稲田生。

学部は教育学部国語国文学科だ。

TwitterYouTubeチャンネルの人気もそこそこ。

「家でゴロゴロしてました。5浪5浪だけに」

「勉強しろと言われず甘えてました。4浪(しろ)だけに」

といった絶妙なレベルのオヤジギャグを得意とする。

最近では「アラサー大学生」の名前で課題を提出してしまい、教授に気を遣われる事件がバズった。

その他にも複数の万バズ(1万いいねを超えるようなツイート)を繰り出しており、意外と侮れない。

雑誌の取材を受けたこともあり、プレジデントの4月17日号にガッツリ濱井さんの紹介がされている。

あれ、案外すごい人?w

将来の夢

そんな濱井さんの将来の夢は、

  • 教師
  • 本を出すこと

らしい。

SNSで暴れていることが教師人生に影響を与えないか心配しており、そんな心配をするくらいなら知名度を生かし個人塾でも開いた方がいい気はする。

経営には9浪しそうだが。

連載のお知らせ

突然ですがそんな濱井さんとつーつーおーる!のコラボが決まりました。

今後複数の記事に渡り、濱井さんの壮絶なる9浪人生を語っていただく予定。

噛めば噛むほど味が出そうな、9浪はまいの連載に、乞うご期待。




この記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。