自由なあなたは向いている!早大探訪倶楽部はこんなところ




早稲田大学の #勝手にサークル紹介 5回目は、ちょっと変わった旅行サークル「早大探訪倶楽部」です。

サークル概要

早大探訪倶楽部はジャンルで言えば旅行サークルに当てはまると思います。月に一度、主に関東圏で廃墟/産業遺産/工場夜景などを見学しに行きます。

他の旅行サークルと比べて特徴的なのは、毎回目的地となる建物があることです。お出かけ好きの人は勿論、写真を撮るのが好きという人にもオススメできるサークルです。

活動の例

まず行き先と日時を決めて、それを全体グループで告知し参加者を募ります。人数が多ければ(今年はコロナ防止のためにも)班分けすることもあります。

当日は現地集合、現地解散が基本です。ですから、解散後に希望者で飲みに行くとか、逆に集合前に一人で近隣を観光するなど、すべて自由です。

早稲田祭

毎年学祭では機関紙(写真集にエッセイを載せたものです)を刊行しています。載せるのはサークルの活動として行った場所の他、部員が個人的に訪れた場所等も趣旨があえばどんどん採用しています。

コロナの影響でどうなるかわかりませんが、対面で学祭を行った一昨年は、一室を借りて写真展示と機関紙販売を行いました。

参加率・部員等

部員数は例年60~70人ほどです。常連の人もいますが、不定期参加の人も結構います。家が近かったら来るとか、合宿だけ来るとか、学祭だけ参加するとか、目的地が自分の好みに合うかなどで参加不参加を自由に決めてもらって構いません。

早稲田生の方が多いですが、インカレの人も一定数はいます。また新入生以外の新規部員も多く、2年参加や3年参加の人も何人もいます。

その他の活動

コロナの影響があるので何とも言えませんが、状況が許せば懇親をかねて食事会や飲み会等も開きたいなと考えております。

合宿は例年夏と春の二回、二泊三日で行っていました。こちらもできるようになり次第計画したいと考えております。

最後に

今年からは行き先の決定に新入生含む全てのの部員から意見を受け付けようと思っています。自由に緩くやっているサークルですので、雰囲気を知ってもらうためにも是非一度活動に参加してみてください。年会費は2~3000円を予定しています。

サークルのSNSアカウント情報

Twitter:@waseda_ruin

LINE:https://line.me/R/ti/p/%40359ejjko




この記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。