19卒必見!【保存版】就活用Webテスト解答集




今回、つーつーおーる!ではウェブテストの模範解答を独占入手した

ウェブテスト統合.xlsx(クリックでダウンロードできる。)

以下、ウェブテストについてと、この解答集の使い方を紹介する。


ウェブテストとは

就活ではESを出す時に同時に自分のパソコンでウェブテストを受けることが多くある。

ESを出す時でなくとも面接が進んでいくうちに受けることもよくある。

まあ、結局98%くらいの早大就活生は受けることになる。

テストセンターに受けに行くSPIとは別である。

それに関しては

【非言語】就活生の間で出回るSPI・テストセンターのカンペ(問題と模範解答集)はこれだ!全文公開と、

【言語】就活生の間で出回るSPI・テストセンターのカンペ(問題と模範解答集)はこれだ!全文公開

で、直前に見ておくべき、出題される問題のチェックリストを紹介したが。

ところで、就活生はウェブテスト対策として勉強しているのだろうか。

もちろん、参考書や問題集を買って勉強し、コツやテクニックを習得して解いている人もたくさんいるが、対策しないで就活を突破する就活生もたくさんいる。

なぜなら、答えをすぐに出せるツールが出回っているからである。

企業側ももはやそれは分かっていて、WEBテストを「ちゃんと情報を手に入れられるか」「手伝ってくれる友達がいるか」「裏技やチートを使ってでも効率よくできるか」ということのために使っているという話も企業で人事をやっている人から聞いたことがある。

大手の就活サイトでもカンニングが黙認されていて代行業者がある事が紹介されていたりもする。

WEBテストの種類としては玉手箱、TG-WEB、WRINKLE、Webキャスティング、GAB、CAB、BRIDGE、SPIのウェブ版などがある。それぞれ英語、国語、算数、論理があったりなかったりする。

使い方・注意点

基本的に皆、エクセルにまとまった解答集からCTRL+Fで問題文を検索し、横に出てくる解答を写すのが定石だ。

検索の設定でシートではなくブック全体を検索対象にすると一気探せる出来るのでおすすめだ。

私はたくさん出回っている解答集をまとめ、自分でも解いて解答を作成した。

もちろん皆も自分でも解きながら分からない所や時間がない所に使うのが賢い使い方だ。

特に、玉手箱の国語のシートは間違っている回答が多かったので参考程度にして自分で解くのが良い。

自己作成という所にある解答は私が作ったのでそれなりに自信があるのだが、それに間違いが多かったら、逆に玉手箱の国語のシートが合っているのかもしれないが。

再度掲載するが、これがそのエクセルファイルだ。↓

ウェブテスト統合.xlsx

※この解答集は就活でよくあるウェブテストとは一切関係なく、文章をなんとなく書いて横に記号を振っただけということにしておきます。間違っていても自己責任でお願いします。

・関連記事

【非言語】就活生の間で出回るSPI・テストセンターのカンペ(問題と模範解答集)はこれだ!全文公開

【言語】就活生の間で出回るSPI・テストセンターのカンペ(問題と模範解答集)はこれだ!全文公開




この記事をシェアしよう!